色の3原色 プライマリーカラー ~色は体で感じている~

想いを実現へ・・・あなたの中の奇跡をお手伝いします!
太陽の奇跡®AKALAMANAサンキャッチャーセラピスト認定講師
育成本部 代表 松本恵美です。
昨日までレッド、ブルー、イエローの3色をお届けいたしましたがいかがでしたか?

それぞれの色についてはこちらからご覧ください
レッド ブルー イエロー

色は3色でつくられている?!

レッド、ブルー、イエローのこの3色は第1カラー(プライマリーカラー)と言われています。
これらは色の三原色といわれ、混ざりけのない純粋な色です。
さらにプライマリーカラー以外のすべての色はこの3色の含む割合からできています。
全ての色はこの3色からつくられているのです。

what_is_18

わたしがこの三原色を知った時はなんておもしろいのだろう!と感動しました。
そして色をもっと知りたい!!!と、どんどん色の世界に興味をもったのです。

信号機は三原色をよく表している

カラーセラピーで最初に学ぶのはこのプライマリーカラー。
そして、このプライマリーカラーはハッキリとした意思があります。
青・・・Yes (受けいれる)
黄・・・どちらか迷う(迷い)
赤・・・NO(拒絶する)

わかりやすいのが信号機
交通ルールではこのように決まっています

青・・・進んでも良い
黄・・・止まれ
赤・・・止まれ

しかし、黄色については
停止位置で安全に止まることが難しい場合には進んでも良いとあります。

なーんて、曖昧な(笑)

そう!信号機はそのまま3色の意味を上手くあらわしているんですね。

プライマリーカラーにとって大切な補色

プライマリーカラーと一緒に忘れてはならない補色。
こちらも一緒に学びます。
補色ってなーに?
言葉の通り、補う色です。

プライマリーカラーはハッキリとした意思があるためそのエネルギーを補うための補色が大切な役割をする事が多いのです。
カラーセラピーでも、この補色と言われる反対に位置する色と一緒に見ていくことがよくあります。
補色は必ず反対にある色です。

colourspeaks_05

プライマリーの補色は、必ず違う2色のプライマリーカラーが半分ずつ入っています。
レッドの補色はブルーとイエローが半分ずつ入ったグリーン
ブルーの補色はレッドとイエローが半分ずつ入ったオレンジ
イエローの補色はレッドとイエローが半分ずつ入ったバイオレットです。

気がつきましたか?
赤は
赤が持っていない2色の原色、すなわち青と黄色が半分ずつの緑で赤に足りないところを補っているのです。

赤と緑のクリスマスカラーは実は補色カラーなんですね。

色は目で見えていなくても見えている

色から何がわかるの?
そう思う方もいらっしゃるでしょう。

じつは色は電磁波の一種。
電磁波といえば、赤外線・紫外線・X線などが有名ですが、人の目に見える色もこの電磁波なのです。

たとえば、コタツなどに使われる赤外線が温度を上げるように
その隣にある赤い色も体温を上げる効果があるのです。
色の違いは波長の違いです。
色が微妙に違う波長を持っている事で、その色が持つ電磁波に私たちが反応しているのです。

ある実験で、床から天井まですべて赤くした部屋と青くした部屋を中の温度は同じに設定をして被験者に入ってもらいました。
すると、赤い部屋に入ったときには血圧、心拍数が上がり、身体が暖かく感じたそうです。
同様に青い部屋に入ると血圧、心拍数も下がっていき、身体は寒く感じたそうです。
これらは、見えている状態でも目隠しをしている状態でも同じ結果でした。

この結果から、私たちは色は見えているだけなく見えてない色も見えている、
体全体で色を感じているのです。

カラーセラピーは占いではない

ところで、カラーセラピーってなんだろう?
占いなの?
そんな風に思っている方もいらっしゃるでしょう。

カラーセラピーとは色を使った色彩療法です。

電磁波から感じる色の波動が身体や心にどのように反応しているのかをクライアントとセラピストは一緒に探ります。
それが、カラーセラピーです。

自分の選んだ色から何を感じ、思うのか。そこが重要なのです。
占いのようにお言葉を発する事もしません。
決して決めつけではないセラピーというのはこんな姿勢であるからなのです。

ここでまで読んでいただいて、色って面白い!!!と思った方~!
もう、あなたは色のとりこです。
ようこそ~!
どんどん色の世界を楽しんでくださいね。